スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
エリザベス女王杯(10年)展望
【エリザベス女王杯】の血統データから血統傾向を見ていきます。

『ペースとコース形状と血統の相関関係』


エリザベス女王杯の血統データ(10年分)
エリザベス女王杯



『ペースとコース形状と血統の相関関係』

エリザベス女王杯はリピーターが走りやすいレースです。
こうしたレースは血統傾向がしっかり出ており、毎年同じような適性が要求されているということになります。
同じコースでもペースが違えば各年で血統傾向の偏差が出てくるのは一般的ですが、このレースはそれが少ないと言えると思います。
ペースによる影響が少なくなる要因としては、そのレースが行われるコース形状が考えられます。
ローカルの芝レースが一般的で、コース形状によって展開面はほぼ決まります。
ただローカルはあまりスローペースになることはないですが。
ペースが違っても全体的にあまり差が出ない好例は、阪神の内周りコース芝2000・2200mですね。

エリザベス女王杯のペースですが、基本的にはスローといえます。
逃げ馬が飛ばす年もありますが、近年は中団勢が離れて追走することが多く、後続は実質スローです。
そしてこれがポイントですが、前半が速くても遅くても、道中は後続が前を追いかけないということです。
これもコース形状に起因するのだと思いますが、こういうことを続けていればそれは昨年のような事故が起こり得ますよね。
つまり前のペースに関わらず、後続のペースはスロー安定と見ていいと思います。
特に今の古馬牝馬勢は、昨年から今年にかけてスローの前残りを連続してきていますからね。
まあ、昨年の二の舞をやられたらどうしようもないですが。

さて後続のペースはスローですが、かと言って瞬発力勝負になるかというと、それは違います。
前に離されていることで早めに仕掛ける必要が出てくるわけですが、京都の外回りの場合その仕掛けどころである残り800m地点が山の頂点にあたり、そこから下り坂を利して自然にスピードに乗ることができるからです。
なので瞬発力より、早めの仕掛けからロングスパートに耐えうる持続力・スタミナが問われるといえます。


ということで、血統的にはサンデーサイレンス(SS)系が必須ではありません。
正確にはサンデーサイレンス(SS)系の瞬発力はいらない、ということです。

01年以降の非サンデーサイレンス(SS)系の連対馬を見ると、ファインモーションのダンチヒ(DZ)系、スイープトウショウ・カワカミプリンセスのリファール(LP)系、オースミハルカのニジンスキー(NJ)系に注目できます。
この3系統は欧州型ノーザンダンサー(ND)系の中では適性が似ていて、同じレースで好走することが多いです。
一般的にはハイペース向きで瞬発力はないですが、このレースに限ってはロングスパートに耐えうるスタミナで好走しています。

サンデーサイレンス(SS)系で好走しているのは、持続力タイプの馬です。
サンデーサイレンス(SS)系は、ノーザンテースト(NT)ボールドルーラー(BR)系などと配合されると持続力型に出ます。
アドマイヤグルーヴは母母父がノーザンテースト(NT)、ダイワスカーレットは母父がノーザンテースト(NT)で父母父がボールドルーラー(BR)系、エルノヴァは母母父がボールドルーラー(BR)系です。
また、トゥザヴィクトリー・フサイチパンドラが好走している、サンデーサイレンス(SS)系×ヌレイエフ(NV)系も持続力タイプです。
現役ではサンライズベガ・アロマカフェあたりが好例です。

よって過去好走しているのは大別して、欧州型ノーザンダンサー(ND)系のスタミナタイプ、もしくはサンデーサイレンス(SS)系の持続力タイプの2つとみます。

***************************************************

<各馬短評>

アニメイトバイオ (ゼンノロブロイ×フレンチデピュティ)
当馬のローズSと秋華賞、妹のファンタジーSを見てもわかるように、瞬発力タイプのサンデーサイレンス(SS)系です。
今までに持続力型のレースをほとんど経験していないのが、ここでどうでるかです。

アパパネ (キングカメハメハ×Salt Lake)
好走血統の2タイプのどちらにも当てはまりません。
今年の牝馬三冠はすべて瞬発力タイプのレースで、通常持続力タイプの秋華賞も異例のペースになりました。
もう一勝負する隙はあるとみます。

アーヴェイ (Danehill Dancer×In the Wings)
父はファインモーションと同じデインヒルの系譜のダンチヒ(DZ)系です。

アースシンボル (トウカイテイオー×リアルシャダイ)
父パーソロン(PS)系は、エイダイクインの3着(10人気)、ヤマニンシュクルの4着(8人気)があります。
この2頭はともに母父ニジンスキー(NJ)系ですが、当馬も母母父にこの血を持ちます。
同じ父と母父の組み合わせにマイルCSの覇者トウカイポイントがおり、京都外回りで注意したい血統です。
血統的な瞬発力要素はなく、前走の東京戦はスローですがロングスパートで長い脚を使えることを示しました。

コロンバスサークル (ホワイトマズル×サンデーサイレンス)
母父サンデーサイレンスですが、瞬発力一辺倒のタイプではありません。
これは父のリファール(LP)系によるところが大きく、特にダンシングブレーヴの系譜はサンデーサイレンス(SS)系と逆のベクトルを持ちます。
上記スイープトウショウ・カワカミプリンセスに加えリトルアマポーラが勝利しています。

スノーフェアリー (Intikhab×Charnwood Forest)
父はRed Ransomの流れのロベルト(RO)系、母父はウォーニングの流れのマッチェム(MC)系、母母父がラストタイクーンの系譜です。
Robertoの3×5のクロスが特徴ですかね。
正直よくわかりませんね、適当なことも言えませんし。
予想までにもう少し考えてみますね。

セラフィックロンプ (マンハッタンカフェ×ロイヤルスキー)
サンデーサイレンス(SS)系×ボールドルーラー(BR)系です。
この配合が走りやすい中京2000m重賞で好走しており、前で恵まれればですね。

ヒカルアマランサス (アグネスタキオン×A.P. Indy)
サンデーサイレンス(SS)系×ボールドルーラー(BR)系で、父母父も含めてこの血が強調された馬です。
この馬に関してここ数戦の評価で、逆にクロスの影響で瞬発力によっている、と書きましたが、これは間違いですね、すみません。
しっかりレースを見ればそんなことはありえず、エンジンのかかりが遅いですよね。
まあもともとは、ボールドルーラー(BR)系が強調された持続力タイプと言っていたのですが。
京都外回りコースなら、前2走のように押して押して上がっていくということにはならないでしょう。
Vマイルは通常はこのレースとは結びつきませんが、今年の当馬に関しては前々から持続力を発揮して好走しました。
昨年の愛知杯(4着)はスローからのロングスパート勝負という点でこのレースに似たものを感じますが、1着がリトルアマポーラで、3着が今回人気のメイショウベルーガでした。
ここでクビ+クビ+ハナなら力差はそれほどないでしょう。

プロヴィナージュ (フレンチデピュティ×サンデーサイレンス)
母がサンデーサイレンス(SS)系×ボールドルーラー(BR)系です。
似た傾向の秋華賞でも走っています。

メイショウベルーガ (フレンチデピュティ×Sadler's Wells)
当馬はサドラーズウェルズ(SW)系が強く出た馬で、この適性が鍵です。
このレースに関しては、やや判断が微妙です。
印は打たなくてはいけないと思いますが、どれくらいの評価にするか、もう少し考えてみます。

別窓 | 重賞展望 | コメント:4 | トラックバック:12
201011111530
<<11月13日土曜血統分類色分け・競馬新聞風出馬表 | 血統適性blog | 武蔵野S(10年)展望>>
この記事のコメント
 
201011111926
こんばんは、今週も予想ご苦労様です。

ちょっと、予想とは違うのですがお聞きしたいことが
あるのですが、よろしいでしょうか?

ネヴァーベントのクロスはどのように出ると
思っていらっしゃいますか?
具体的に言うとネヴァーベントの6×5なんですが。
自分は余り血統には詳しくないので、お聞きしたいなと
思って書き込みさせていただきました。
2010-11-11 Thu | URL | しき #mQop/nM.[ 内容変更]

 
201011112226
しきさん、こんばんは。

>ネヴァーベントのクロスはどのように出る
その他の要素も絡んでくるので一概には言いづらいですが、この系統が持つスタミナの増強というのはひとつあると思います。
あとナスルーラ(NL)系のクロスは、持続力を上げることもあります。

>ネヴァーベントの6×5
アーヴェイのことですかね?
Mill Reefでみれば5×4なので。

ただローエングリンのMill Reefの5×3のように、近親交配が強いと距離が持たなくなることはありますね。
2010-11-11 Thu | URL | ブラッドポケット #6x2ZnSGE[ 内容変更]

 
ありがとうございます
201011121951
こんばんは。
今週の読み物楽しく拝見させてもらいました!実に興味深かったです。エリザベス女王杯は確かにリピーターが多いですよね!それだけ、傾向が安定していると言うことでしょうか?
ノーザンダンサーの血も良さそうですが、トニービン系も良さそうな気がするんですよね。今年はブエナビスタが出ないのでいまいち盛り上がりに欠けるのですが、個人的には渋いいいメンバーだと思います。適正もそうですが、初めての古馬戦はアパパネでもやすやすと勝てないと思いますね・・・。いろんな意味で楽しみです。
2010-11-12 Fri | URL | でゅらんだる #-[ 内容変更]

 
Re: ありがとうございます
201011130017
でゅらんだるさん、こんにちは。

>傾向が安定していると言うことでしょうか?
レース条件的に似たメンバーになりやすいというのはあるでしょうが、やや特殊な適性が要求されているとは言えるかと思います。

>トニービン系
昨年を"事故"と見れば、そこまで活躍馬は多くないような気もしますが、どうでしょうね。
今年はサンレイジャスパーくらいしかいないので、確かめづらいですね。

>アパパネ
この馬については、これまで予想面で1勝負け多数なので、今回も勝負できればと思っています。
2010-11-13 Sat | URL | ブラッドポケット #6x2ZnSGE[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
201011111631
【エリザベス女王杯】血統傾向。過去5年の1~3着馬の血統・今年の登録馬の血統を掲載した色分け血統表は知識不要で超便利!!重要な血統要素が客観的にわかる血統馬券術「血統プライマル!」も掲載! …

 
201011111633
11/14(日)京都11R 2010エリザベス女王杯(G1) 展開予想からはセラフィックロンプ・アースシンボル・アパパネ・スノーフェアリー・アニメイトバイオ・メイショウベルーガ・ムードインディゴ辺りが素晴らしい!前の紛れを探すとコロンバスサークル・リトルアマポーラが浮か?... …

 
201011111633
*京都の2200Mに合いそうな産駒や配合を重視して考えました。まずサンデー系×ND系次は逆バージョンND系×サンデー系でサンデー系×ND以外を重視してから、今回の条件で怪しい馬を分類しました。考察からは... …
2010-11-11 Thu 16:33 万馬券TBエントリー

 
201011111636
過去5年エリザベス女王杯の傾向を探ります。 エリザベス女王杯(G1)過去5年成績 (抜粋) (クリックで拡大) ※表の編集に一部不具合があり修正済み 2010年11月14日(日) 6回京都4日〔Bコース4日目〕11R エリザベス女王杯(G1)☆傾向 【前走】主力はG1秋... …

 
201011111732
2010年11月14日6回京都4日目 第35回エリザベス女王杯(G1)京都芝2200m・外 3歳上牝 定量 エリザベス女王杯は1996年から秋華賞新設に伴い、古馬に開放されました。 武豊騎手が同一騎手による同一G1・4連覇... …
2010-11-11 Thu 17:32 競馬予想ブログG-ZERO

 
201011111900
エリザベス女王杯の過去10年の成績をデータ分析したいと思います。 第35回 エリザベス女王杯(GI) (1)人気別成績 現在のランキングはこちら 1番人気馬が1着2回・2着3回・3着1回とやや苦戦傾向で2番人気馬の成績(1着3回・2着3回・3着2回)の方が優秀です。 ?... …

 
201011111901
11月14日に京都競馬場で行われる第35回エリザベス女王杯の登録馬と 京都芝2200mの種牡馬成績です。 第35回 エリザベス女王杯(GI) 【第35回エリザベス女王杯の登録馬と京都芝2200mの種牡馬成績】 現在のランキングはこちら では注目馬の京都芝2200mの種牡馬... …

 
201011112133
多くの傾向項目が1つの記事で把握できるブログです。《まとめ表》上位馬絶好調。11月14日(日)京都競馬場では、【エリザベス女王杯】が行われます。 …
2010-11-11 Thu 21:33 競馬SevenDays

 
201011112246
◆エリザベス女王杯過去5年の前走距離分析        複勝率 複回収率延長[4.4.5.64]  16.9%  38%同距[0.0.0.1]  0%  0%短縮[1.1.0.2]  50.0%  890%延長馬13頭のうち3歳馬は4頭(1着降着も含めれば5頭)全て秋華賞からの参戦5頭中4頭は3着以内残り1頭はオ... …
2010-11-11 Thu 22:46 やまちゃんの競馬習慣

 
201011112338
去年、テイエムプリキュアの大逃げで大波乱となってから1年。 今年は牝馬3冠馬アパパネが参戦する女王杯がやってきました。 当初はマイルCSと両にらみといわれていたが、こちらへ参戦することで、秋華賞... …
2010-11-11 Thu 23:38 CW馬なりにて歩む

 
201011131823
スノーフェアリーとアーヴェイ、馬体から選ぶなら? …

 
201011132131
単勝 スノーフェアリー 10000 馬単 2-9 100 そんなに人気出てない英愛オークス馬、買ったるで ロベルト系×ウォーニング系と日本にも合いそうな血統です 不安は難コース京都 第35回 エリザベス女王杯(GI) …
2010-11-13 Sat 21:31 2-9伝説

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。