スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
カペラステークス(08年)展望
【カペラステークス展望】

今年より開設された重賞です。中山D1200を舞台とする重賞は、年間通してもガーネットSしかありません。そこで、ガーネットSと、当該条件で施行されるOP特別のレースの傾向を考察したいと思います。

まず、ガーネットSの近5年の勝ち馬の中には、05年メイショウボーラーや06年リミットレスビットなど、芝の重賞を賑わせた馬がいます。前者はスプリンターズSで2着、後者はCBC賞で3着の経験があります。他にも、06年2着のシルヴァーゼットや3着コパノフウジンなども、芝の重賞での2,3着を経験しています。

また、OP特別に目を向ければ、07年京葉Sを制したサチノスイーティーはアイビスSDの勝ち馬ですし、08年京葉Sを制したスリープレスナイトは後にスプリンターズSを勝ちました。

こうして考えると、中山D1200の重賞等においては、芝ダート兼用のスピードとパワーを有する馬の活躍が見込めます。

一般に、下級条件のダート短距離戦では、いかにも、という感じのメンバーが揃うことが多く、中山D1200の未勝利戦などは馬券対象馬を絞り込むのは比較的容易です。テンから飛ばしてガリガリと削りあう消耗戦ですから、米国を代表するミスタープロスペクター(MP)系全般、ヴァイスリージェント(VR)系、ストームバード(SB)系、ダンチヒ(DZ)系などの米国ノーザンダンサー(ND)系ボールドルーラー(BR)系といった米国ナスルーラ(NL)系が主流になります。芝では出走の大半を占めるサンデーサイレンス(SS)系や、欧州型ノーザンダンサー(ND)系が馬券になる事は稀です。

ところが、中山D1200の場合、上級条件になると馬券対象となる血統にやや変化が出るのです。前述のリミットレスビットなどはサンデーサイレンス×ノーザンテーストですから、複数の芝G1馬(ダイワメジャー、デュランダル、アドマイヤマックスなど)を出した配合です。

OP特別や1600万下などでは、ブライアンズタイム産駒が高確率で馬券になります。ブライアンズタイムは一般に中距離ダートで適性を発揮しますから、中山D1200に出走してくる、それも上級条件で出走してくる産駒は少ないのですが、それでもよく馬券になっています。

もちろん、MP系のバリバリのダート短距離馬も馬券になっているのですが、それらは当然人気になるでしょうから、粋な馬券作戦を演出するのは、芝ダート兼用の(できれば芝重賞での馬券圏内経験のある)馬ということになるでしょう。
別窓 | 重賞展望 | コメント:0 | トラックバック:1
200812091519
<<中日新聞杯(08年)展望 | 血統適性blog | ステイヤーズステークス(08年)回顧>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200812111222
【カペラS】の前身となるガーネットSの過去5年の1~3着馬の血統・レース内容から注目馬を探します。今年の登録全馬の血統も掲載。色分け血統表は知識不要で超便利。 …

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。