スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
平安S(11年)展望その2
【平安S】の血統データから血統傾向を見ていきます。

『好走血統に先行ポジションのフィルターをかけると!?』
『日本型の注目馬・米国型の危険馬』


展望その1はこちら
『ダート重賞の米国型or日本型血統分類まとめ』
『平安Sは米国型or日本型!?』



『好走血統に先行ポジションのフィルターをかけると!?』

展望その1で「ダート重賞の米国型or日本型血統分類」をご紹介し、平安Sは日本型レースとしました。


今回は注目馬にふれる前に、まずもうひとつの視点から分析をしておきます。

よく言われることですが、このレースは先行馬がかなり強い傾向にあります。
敢えてデータは出しませんが、後方のポジションになればなるほど厳しく、番手が下がるにつれ着率、回収率ともにほぼきれいな単調減少になっています。
もちろん血統的な適性が全然合わないとなると駄目ですが、前が有利な立場にあることは確かです。


では展望その1で注目系統として取り上げた、2系統の番手ごとの成績をみていきます。
以下は4コーナーでの番手別の成績です。

ブライアンズタイム(BT)系 4-4-3-12
1~7番手 3-3-3-0
8番手以下 1-1-0-12

キングマンボ(KG)系 1-2-1-1
1~3番手 1-2-1-1

キングマンボ(KG)系はすべて3番手以内のポジションで競馬をしています。
ブライアンズタイム(BT)系は、位置取りできれいに成績が二分されています。

つまりこの2系統の先行馬に限れば、4-5-4-1という成績です。
圏内に入れなかったのはエイシンラージヒルただ1頭だけでした。


ちなみに、ここ10年間で4コーナー10番手以下から馬券になったのは、07年9人気1着のメイショウトウコン(父マヤノトップガン)だけで、ここからもブライアンズタイム(BT)系の適性が窺えます。



『日本型の注目馬・米国型の危険馬』

<日本型注目馬>

トーホウオルビス (トーホウエンペラー×Gone West)
父のトーホウエンペラーブライアンズタイム(BT)系で、産駒の特徴を見ても父のダート特性をしっかり受け継いでいる種牡馬で問題ありません。
おそらくハナを切れるでしょうし、上の番手の条件もクリアします。
この馬自身も、過去にブライアンズタイム(BT)系の傾向を反映した実績がしっかりあります。
休み明けは走らない馬でここ2戦の大敗は度外視してもよく、過去にそうだったように3戦目での変わり身が見込めます。
同時期同コースで、昨年このレースを制したダイシンオレンジのアタマ差2着があり、力が足りないということはないはずです。

サクラロミオ (サクラローレル×サクラチヨノオー)
父レッドゴッド(RG)系は、上記2系統に次ぐ日本型ダート血統の代表格です。
同コースの日本型レースであるみやこSで本命を打ち、9人気で3着と激走しました。
母のニジンスキー(NJ)系ネヴァーベンド(NB)系という構成も日本型のスタミナ要素を持っています。
気掛かりなのが位置取りで、後方からになるとやや不安です。


<米国型危険馬>

インバルコ (Fusaichi Pegasus×Personal Flag)
母父がテディ(TD)系で、母系が完全な米国血統です。
他場と比べて京都阪神の成績が悪いですが、これはこの2場の中距離では元来日本型が好走しやすいというところにあると思います。
ポジションが取れずに後方になると、もうひとつ不安要素が増えます。

マチカネニホンバレ (シンボリクリスエス×Deputy Minister)
父のシンボリクリスエスは自身の母父であるボールドルーラー(BR)系の影響が強く、産駒もダートでは米国型に出ることが多いです。
当馬は母父にヴァイスリージェント(VR)系を持ち、サクセスブロッケンと似た血統構成です。
米国型のエルムSで重賞制覇し、日本型になった一昨年の武蔵野Sは圏内を外しています。

別窓 | 重賞展望 | コメント:4 | トラックバック:2
201101201800
<<1/22土曜日 平場・特別予想 | 血統適性blog | 平安S(11年)展望その1>>
この記事のコメント
 
201101202113
オルビスは
京都は中山や阪神に比べて坂もないので底力がそれほど必要なく
逃げには有利になるでしょうね-

大外枠から大逃げをして
枠の不利にいきっぷりも良くなっているはずなので…
小牧Jが得意コースで上手く乗れば人気からも穴になりますね(笑)
2011-01-20 Thu | URL | yo #-[ 内容変更]

 
201101202222
yoさん、こんばんは。

確かに坂がないのはいいでしょうね。

前走は大外枠からかなり脚を使いましたしね。
行き切れたことで、復調気配は感じました。
小牧騎手も確かにこのコースではいいイメージがありますね。
期待したいです。
2011-01-20 Thu | URL | ブラッドポケット #6x2ZnSGE[ 内容変更]

 
トーホウオルビス
201101212250
トーホウオルビスは、血統以外の面からも面白い馬だと思ってましたが、
やはり血統的側面からも狙える馬だったんですね。

私は血統には詳しくありませんが、平安Sの好走馬の血統を2000年以降調べてみました。


そうすると、父方にミスプロの血を持つ馬が、突出して多かったんです。

ミスプロは米国血統だったはずなので、本文の内容と 真逆の結果になってるみたいなんです。


まあ、初心者の にわか調べの結果なんで、的を射てないのは仕方ないですが、

この点については、専門家の方は、どのように解釈されているのでしょうか?

ご教示頂ければ幸いです。
2011-01-21 Fri | URL | マチカネくん #DlGusrOo[ 内容変更]

 
Re: トーホウオルビス
201101212331
マチカネくんさん、こんばんは。

>父方にミスプロの血を持つ馬が、突出して多かった
確かにそうですね。
同コースのアンタレスSもそうですが、この系統が多く走ります。

ただ偏にミスタープロスペクター(MP)系といっても、いろいろな分岐があります。
展望でご紹介したキングマンボ(KG)系は欧州で発展しましたし、オースミジェットで連覇を成し遂げたジェイドロバリーはヌレイエフの半弟で、欧州の血が入っていますしね。

また自分の米国・日本分類では母系を重視します。
父ミスタープロスペクター(MP)系の馬でも、キンググローリアス産駒のワンダースピードは母父のセントサイモン系、トワイニング産駒のロールオブザダイスは母のサンデーサイレンス×ノーザンテースト配合、アグネスデジタル産駒のダイシンオレンジも母系のスタミナ血脈、というように日本型な芝のスタミナ要素を持っているので日本型としています。

といった感じで、純粋な米国型というのはそれほどいないと見ています。
中にはクーリンガーという完全な米国型もいて、説明に苦しむのですが。

確かに分類が複雑でわかりづらいので、いずれしっかり整理しようと思っています。
トウホウオルビス、がんばってくれるといいですね。
2011-01-21 Fri | URL | ブラッドポケット #6x2ZnSGE[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
201101210104
◆平安S過去5年の前走距離分析         複勝率 複回収率 延長[0.0.1.12]  7.7%  23% 同距[2.2.2.30]  16.7%  55% 短縮[3.3.2.18]  30.8%  99% 延長馬1頭はエルムS2着 延長馬で前走重賞3着以内だったのはこの馬だけ 同距離馬6頭中4頭は1600万?... …
2011-01-21 Fri 01:04 やまちゃんの競馬習慣

 
201101211244
フェブラリーSまでJRAの重賞はもうこの平安Sと来週の根岸Sしかない訳ですが、全くメンバー揃ってませんね。。昨年と同様に斤量59キロどこらか58キロを背負ってる実績馬 ... …
2011-01-21 Fri 12:44 ニュータイプ的競馬

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。