FC2ブログ
京都記念(09年)展望その2
【京都記念】展望その2
展望その1はこちら

過去のこのレースのペースを考察し、今年のレースラップを予想していきます。
展望その1では
グレイソヴリン(GS)系に代表される父ナスルーラ(NL)系が好走している点をあげました。

このような血統が好走する要因は、このレース特有のラップにあると見ます。このレースはラスト1Fが11秒台に突入することが多いレースです。近年はスローペースや馬場が悪化したレースが多いので判断がしづらいですが、元来このレースはラスト4F目から11秒台に突入し、その11秒台のラップが最後まで続きます。00年から02年の3年間、古くは95年から98年も同じタイプのレースです。最後の1Fは時計がかかることが多いのが普通ですが、このレースは最後まで続けて加速していくのが特徴です。
グレイソヴリン(GS)系に代表される父ナスルーラ(NL)系は持続力のある脚を使うことができ、最後の1Fまでしっかり伸びることができるので、このレースに向いているといえます。サンデーサイレンス(SS)系に代表される瞬発力タイプは、最後の3-2Fで一瞬の脚を使って後続を突き放してレースを決めますが、このようなレースでは最後の1Fでも脚が要求されるのでそこがウィークポイントになります。

展望その1で取り上げたグレイソヴリン(GS)系タスカータソルテ父ジャングルポケットトニービンの系譜ですが、トニービンの特徴はどこまでも伸びていきそうな、長くいい脚を使える点にあります。当馬と同じ母父ノーザンテースト配合でのモデルレースとしては、サクラチトセオーがSS系のジェニュインを差しきった天皇賞秋、エアグルーヴが同じくSS系の1人気バブルガムフェローを押さえた天皇賞秋などがあります。

さて問題はそのようなペースに本当になるのか?ということになります。
この問題を紐解く鍵を握っているのは、マンハッタンスカイです。『マンハッタンスカイとタスカータソルテは月と太陽』のような関係です。2頭の対戦は7度ありますが、一緒に来たことは一度もありません。マンハッタンスカイが人気薄で勝った福島記念、同じく2着した金鯱賞では、タスカータソルテはともに着外でした。逆にタスカータソルテが勝った札幌記念・京都新聞杯は、マンハッタンスカイがともに着外となっています。
どちらが太陽となり、どちらが月になるのか、つまりこの2頭の明暗を分けるのがレースラップです。マンハッタンスカイが勝った福島記念は、ラストが12秒8かかっています。逆にタスカータソルテが勝った札幌記念はラスト1Fが11秒8となり、グランプリホースのSS系、マツリダゴッホを沈めたのは記憶に新しいところです。

では今回どちら向きのラップになるかです。マンハッタンスカイは本格化した4歳以降、京都芝のレースに4回出走していますが、そのうち3回がラスト1F11秒台です。残りの1回も12秒0なので、同じ芝コースの今回も同じラップになる公算は高いと見ています。

馬場状態が気になりますが、明日はいよいよ最終結論を出します。


1日1回応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
別窓 | 重賞展望 | コメント:0 | トラックバック:2
200902200044
<<クイーンC(09年)◎メジャーサイレンス | 血統適性blog | クイーンC(09年)展望>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200902200842
【京都記念】が行われる京都芝コースで実際に好走している血統を見やすい系統色分け表でチェック!注目馬を探ります! …

 
200902201228
昨年のG?ではともに2馬身差以内と好走、暮れの鳴尾記念では3馬身差の圧勝と今年飛躍が期待されるサクラメガワンダーが登場。ここは負けられない1戦でしょうか?そして同じく6歳カワカミプリンセス。ウオッカ、ダイワスカーレットの登場ですっかり影が薄くなってしま?... …
2009-02-20 Fri 12:28 ニュータイプ的競馬

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].