スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
09年1・2回京都血統データ(1-8週)
【09年1・2回京都】血統データ
閲覧・ダウンロードはこちら(無料です)
詳細まで掲載しており、今何が来ているのか一目瞭然です。
では馬券の鍵となるポイント解説をしていきます。
<芝>
先週指摘したように、血統的にダートで実績のあるタイプが走っていました。1400mで注目血統としてあげた父マッチェム(MC)系が10人気2着し、3着馬も7人気の父テディ(TD)系でした。距離は違いましたが、1600mでワイルドラッシュ産駒が12人気1着と穴をあけていました。今開催の京都芝は雨の影響を受けることが多く、特に開催後半は万遍なく上がりのかかる特殊な馬場状態でした。そのような馬場で好走した馬(とくに上記のような血統)が、次開催馬場がいい状態で人気で出てきた場合、疑ってかかる必要がありそうです。

<ダート>
今週も雨の影響を受け、全体傾向把握は難しかったので、個別の注目血統を取り上げます。
12月から2月の阪神・京都のダート1800mでシルバーチャーム産駒の激走が目立ちました。その期間での単勝回収率は817%、複勝回収率も225%でした。同じ期間、他競馬場の1700~1800mでの数値が、同0%・17%ですから、この2場だけ抜けています。配合的には、母父ナスルーラ(NL)系との相性がよく、ほとんどの激走はこのタイプです。同じ馬が繰り返し走っていて、サンプルは少ないですが注目です。ちなみにツルマルシルバーという馬も上記の配合ですが、この馬は以前から血統的傾向を反映できず、個人的にブラックリストに入れている馬なので、この馬は買ってはいけません。
京都・阪神のダート1800mでは、他の同条件のレースではあまり走らないような、異系血統によく傾向が出ることがあります。このような血統は当然人気薄が多いので、上手く傾向がつかめれば見返りがとても大きいです。今回紹介したシルバーチャーム産駒の傾向は冬開催の馬場に限られるものなのかは断定できませんが、今週からの阪神開催も注目であることには変わりありません。1つでも激走が出たら一気呵成でいく姿勢でいいと思います。


1日1回応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
別窓 | 京都 | コメント:0 | トラックバック:0
200902241358
<<09年1回小倉血統データ(1-3週) | 血統適性blog | フェブラリーS(09年)回顧>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。