スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
朝日杯フューチュリティステークス(08年)展望その3
【朝日杯フューチュリティステークス展望その3】

<朝日杯の血統適性>

過去データ

朝日杯FS

過去12年で、激走頻度の高い血統は、ミスタープロスペクター(MP)系です。その中でも、◎ゲットフルマークスの父マイネルラヴの系統であるシーキングザゴールド(SG)系は、過去3頭出走し、96年8人気2着、97年6人気2着、04年7人気4着と、みな人気以上の走りをしています。また、配合的には、ミスタープロスペクター(MP)系×リファール(LP)系の馬が3頭出走し、97年6人気2着、02年8人気1着、06年14人気7着と、みな人気以上の走りをしています。ちなみに集計がかぶった97年6人気2着馬はマイネルラヴ自身です。

マイネルラヴ自身は、97年のスプリンターズS勝ち馬です。一般には、産駒にも1200-1400mあたりがベストの性質を伝えますので、今回、「距離不安」を唱える方は多いかと思います。しかし、その1で述べたように、朝日杯で馬券になる馬の生涯通じてのベスト距離は1400m前後です。ゲットフルマークスも、外枠をひいて無理に先行しない限り、まったく問題ないと思います。

なお、今週は朝日杯までに5鞍の芝1600mのレースが組まれています。当該週の開催傾向も加味して、相手関係は土曜の3鞍を見た上で、日曜にアップしたいと思います。

1日1回応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

別窓 | 重賞展望 | コメント:0 | トラックバック:1
200812191141
<<愛知杯(08年)◎トウカイルナ | 血統適性blog | 朝日杯フューチュリティステークス(08年)展望その2>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200812191228
【朝日杯FS】が行われる中山芝1600mで実際に好走している血統を見やすい系統色分け表でチェック!注目馬を探ります! …

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。