FC2ブログ
有馬記念(08年)展望その2
【有馬記念展望その2(狙える血統)】

展望その1の最後に述べたように、直近の04~07年は、サンデーサイレンス産駒の4連勝です。ここは、サンデーサイレンス産駒およびアグネスタキオン産駒を素直に推奨し、1,2番人気が予想されるダイワスカーレットとマツリダゴッホを考察します。

この2頭の実績を考えれば中心視(◎○)して当たり前ですが、血統的にも磐石かを考えます。
有馬記念の血統的な隠れスパイスは、ボールドルーラー(BR)系の血を主要4系(父・母父・父母父・母母父)に持つことにあると考えます。というのも、有馬記念は複数回出走するリピーターが多いレースなのですが、2回以上出走し2回以上馬券圏内になったグラスワンダー、テイエムオペラオー、タップダンスシチー、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイのうち、テイエム・タップ・シンボリの3頭にBR系の血が入っていたからです。これに対して、前年に結果を出して、翌年人気で敗退したヒシアマゾン、マヤノトップガン、メジロブライト、メイショウドトウにはBR系の血は入っていませんでした。

昨年の1,2着馬であるマツリダゴッホとダイワスカーレットには、BR系の血が主要4系に入っており、隠れスパイスを加味した上で血統的にも磐石といえます。また、2頭とも秋3戦目で出涸らしじゃないのもいいですね。

マツリダとダイワを軸に据えるとなれば、サンデーサイレンス(SS)の血とボールドルーラー(BR)の血を同時に持つ馬を狙い撃って期待値を高めたいもの。
該当馬は、エアシェイディとアサクサキングスですが、アサクサは叔父ジェニュイン(SS×BR)が人気で敗退しているため割引です。
エアシェイディは、サンデーサイレンス(SS)×ノーザンテースト(NT)の配合です。この配合は、ダイワメジャーのように、スピードの持続力を武器にするSSらしくないタイプと、デュランダルのように優れた瞬発力を武器にする切れ味抜群のSSらしいタイプに分かれます。

SS産駒は、一般にはデュランダルタイプの方が多いのですが、有馬記念に関しては、SSらしくないタイプが健闘しています。直近では、ハーツクライ、リンカーン、マツリダゴッホ、ダイワメジャーなどがそうです。ハーツクライとリンカーンは、切れ味抜群のSS産駒が上位を独占した天皇賞秋で敗退していますし、「中山の鬼」であるマツリダは本当にSSらしくないですよね。切れ味抜群のSSの結晶といえるディープインパクトが国内で唯一の敗戦を喫したのが有馬記念でした。

そこで、エアシェイディがどちらのタイプかが問題ですが、どちらかと言うとダイワメジャータイプかと思います。全妹エアメサイアが勝った秋華賞は、SS産駒の人気敗退が多く、SSと正反対の指向を持つダンシングブレーヴの血を持つ馬に相性のいいGⅠでした。全妹エアメサイアがSSらしくないことから、兄もこちらのタイプと予測します。また、エアシェイディの目下のところの重賞勝ちが中山T2200mのAJCCである点も見逃せません。この馬を3着の最有力候補(▲)と考えます。

さて、最終見解は、当週傾向も加味した上で、28日(日)14時30分くらいにアップしたいと思います。


1日1回応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



別窓 | 重賞展望 | コメント:0 | トラックバック:1
200812262202
<<ラジオNIKKEI杯2歳S(08年)◎トップクリフォード | 血統適性blog | 有馬記念(08年)展望その1>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200812262253
【有馬記念】が行われる中山芝2500mの過去5年の好走血統を見やすい系統色分け表でチェック!注目馬を探ります!見やすい色分け出馬表もあります。 …

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].