スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
札幌記念(09年)回顧~ブエナビスタが秋に出るべきレースを血統で分析~
ジャングルポケット産駒の買いどころ』
『ブエナビスタが秋に出るべきレースは!?』
『ヤマニンキングリーがわからない』
『ミヤビランベリが巻き返せるレースは!?』

予想はこちらでした。

トーセンキャプテンは13人気で5着でした。
結果は残念でしたが、人気と着差を考えると健闘したといえます。
札幌2回開催に入ってから芝中長距離(1800~2600m)で好走が続出している父グレイソヴリン(GS)系であることが主な推奨理由でした。また今週はその中でも母父サンデーサイレンス(SS)系との配合しか走れていなかったので、3頭のジャングルポケット産駒から当馬を選択したのは正解でした。
この配合を考えると、来年の阪神大賞典に出てきたら迷わず本命にしたい馬です。同配合のマイソールサウンド・ヒカルカザブエが激走しています。マイソールサウンドとは阪神のマイル重賞を勝っている点も共通しています。まあ気の早い話ですが、是非陣営の方お願いします^^

シェーンヴァルト・△タスカータソルテは同じジャングルポケット産駒ですが、結果を残せませんでした。昨年の札幌記念でグレイソヴリン(GS)系が好走しましたが、昨年はマツリダゴッホが作った速いペースだったので例外と見るべきでしたね(マンハッタンスカイを見てもこれはわかります)。母父がサンデーサイレンス(SS)ではないジャングルポケット産駒は、前半流れてくれないとサンデーサイレンス(SS)系には決め手で敵いません。シェーンヴァルトが好走したデイリー杯・皐月賞・ダービーを見るとわかりやすいですね。
タスカータソルテはこの配合から、最も狙えるのは京都大賞典だとずっと思っています。昨年は勝ってしまったので天皇賞に行ってしまいましたが、今年は負けて人気も落ちるでしょうし是非出てきてもらいたいものです。

ブエナビスタは惜しくもクビ差2着でした。内有利な今の札幌であれだけ外を回ってこのレースをするというのは、馬自身の力ももちろんですが、このレースの血統適性も確かだったのだと思います。今年は開催傾向を重視してグレイソヴリン(GS)系を本命に取りましたが、やはり札幌記念で最も狙える血統はサンデーサイレンス(SS)系×欧州型ノーザンダンサー(ND)系だとみます。来年はあまり人気がない対象馬がいることを祈ります。
凱旋門賞回避ということですが、自分は日本馬が初めて凱旋門を勝つのはサンデーサイレンス(SS)系ではないと思っているので、これに関しては特に何もないです。ただ秋華賞に出るらしいというのは悩みの種になりそうです。秋華賞は日本のG1の中では、血統的に当馬に最も向いていないレースのひとつだと思っていますが、さすがに3歳牝馬相手ではそういう適性面も凌駕されてしまうでしょう。秋華賞は好きなレースなので、馬券的には出て欲しくないです。逆に天皇賞は日本では最も適性があるG1だと思います。詳しく述べると長くなりますが、今回のレースでこの馬を評価するのに引き合いに出したヘヴンリーロマンスといえば事足りるでしょう。
ということで秋華賞は止めて、天皇賞に出るのが当馬にとっては最も良い選択だと思います(凱旋門も含めて)。牝馬三冠にこだわる必要性は感じません。天皇賞ならウオッカと戦っても勝てるとみているので、こちらのほうが見てみたいです。ただ馬券的には恐ろしくつまらなそうですが。


勝ったヤマニンキングリーは正直とても苦手な馬です。昨年末の中日新聞杯からの重賞レースで、続いて煮え湯を飲まされています。通常レースによって適性面の差で出せる実力に差が出るのが普通ですが、この馬の場合問われる血統傾向が違っても毎回同じくらい走ってしまいます。自分が血統的につかめていないだけかもしれませんが、ちょっとわかりません。現役オープン馬の中で最もわからない馬です。メジロマックイーン産駒の半姉ヤマニンメルベイユはヘロド(HR)系の血がよく出た分かりやすい馬なので、当馬の場合父アグネスデジタルがわかりにくくさせている原因の可能性があります。
ちょっと調べたところでは、アグネスデジタル産駒は母父の血を引き出す種牡馬なのではと思ったのは事実です。母父によって芝馬・ダート馬が見分けられる系統もあります。ただ母父にサンデーサイレンスとなると、そこでわからなくなります。これは故エンドスウィープ産駒でも悩み続けたことで、結局まだ解決できていない血統論です。そもそもアグネスデジタル自身が、そういった適性面においても規格外の馬だったというのもあります。
天皇賞戦線に出てくるらしいので、それまでにそのあたりを含めてもう一度考えてみないといけません。


消し推奨のミヤビランベリは大正解でした。ズルズル後退していたので何かあったかもしれませんが、適性面の低さは間違いなかったでしょう。今回は適性が全く無かったので、今後狙う場合は今回のレースは度外視できます。サドラーズウェルズ(SW)系の傾向が出ていないレースではわかりやく大負けする馬なので、人気が下がりやすく馬券的には最もおいしいタイプです。昨年の七夕賞→中山金杯→目黒記念の流れが秀逸です。秋の重賞では、アルゼンチン共和国杯がサドラーズウェルズ(SW)系に適したレースです。ハンデは重くなるかもしれませんが、狙い目だと思います。

別窓 | 重賞回顧 | コメント:0 | トラックバック:10
200908240809
<<09年2・3回小倉血統データ(1-6週) | 血統適性blog | 8/23日曜日予想 レパードS他>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
200908240854
「札幌発フランス行き」 勝って行きたかったのでしょうが、負けるならこの流れだろうな、と誰もが思ったようなブエナビスタのレース振り。 ... …
2009-08-24 Mon 08:54 CW馬なりにて歩む

 
200908240916
札幌記念(◎ヤマニンキングリー 単複的中) ドリームサンデーが外から飛び出し、マンハッタンスカイ、ステキシンスケクンらが続き、その... …
2009-08-24 Mon 09:16 新・たこの感想文

 
200908241003
ブエナビスタまさかの2着…… 凱旋門賞を断念……! 新潟はトラセンドが圧勝! レパードSの初代王者だ! …
2009-08-24 Mon 10:03 わがまま♪新馬券生活!!

 
200908241124
まずは札幌記念。ブエナビスタが2着に敗れたことで凱旋門賞への挑戦を断念、秋華賞を目標にすることになりました。そのブエナビスタを破ったのはヤマニンキングリー。G3の中日新聞杯を勝った後はG3で3戦連続2着。何となく勝ちきれないイメージがついていたところで、G2札?... …
2009-08-24 Mon 11:24 My Sweet KEIBA

 
200908241237
第45回札幌記念の競馬予想結果です。 …

 
200908241259
札幌記念予想結果 予想1着△ヤマニンキングリー2着◎ブエナビスタ3着〇サクラオリオン4着△マンハッタンスカイ5着-トーセンキャプテン9着▲マツリダゴッホブエナビスタ凱旋門賞断念。なんともふざけた決定です。レース後の松田博調教師のコメントによると、オーナ... …
2009-08-24 Mon 12:59 ニュータイプ的競馬

 
200908241415
左は【札幌記念】札幌芝2000m1~5着馬の血統です。 【札幌記念】の予想はこちらでした。 トラコミュ第45回 札幌記念(GII) 予想記事で書いた「土曜日には直線入り口で前にいた馬が残っていましたし、有力馬が外を回る可能性を考えると、狙いたいのは前に行?... …

 
200908242250
札幌記念の予想はこちら→不利な条件を克服するだけの材料はある-札幌記念予想 35.6-48.9-36.2=2:00.7 前半から中盤まではほぼ例年通りのペース。上がりだけいつもより時計がかかったレースでした。傾向として先行型が残りやすいこのレースで後方からの馬が連対し... …
2009-08-24 Mon 22:50 AG Plus+

 
200908252119
土日の結果と検証をまとめて。 …

 
200908252247
「ユーの国の3歳牝馬が来ちゃうと凱旋門の歴史壊れちゃうからナシにしなよ。」 「という先方の話なので、頼んだよ。」 「わかりました、うまくやります」 …

TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。