スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
09年2・3・4回新潟血統データ(1-11週)
データの都合でPDFファイルはこちらで公開しています。
↓   ↓   ↓
血統適性blog別館
ダウンロード・閲覧がしやすくなりました。


詳細まで掲載しており、今何が来ているのか一目瞭然です。
では馬券の鍵となる注目血統をご紹介します。


<芝>
土曜日は、父系がニジンスキー(NJ)系・リファール(LP)系・ダンチヒ(DZ)系が全体的に良く走っていました。それを受けて日曜予想で勝負しましたが不発。馬場変化の激しい最終週で傾向が萎んでしまいました。それを読めなかったのは、ただただ反省です。

今年の長期開催が終わって若干ほっとした気もありますが、なかなか興味深い開催でもありました。馬場が荒れ出してからは傾向が長続きせず、その週だけの傾向が複数の距離に渡って出たのは特徴的でした。この傾向をしっかり復習しておけば、今後の開催に活かせますね。

その中において直線1000mでは、父ボールドルーラー(BR)系が開催を通じて圏内ゼロでした。17頭の出走で、3番人気以内の出走も4頭ありました。この条件は向いている部類に入るだけに特徴的でした。また同コースでは、馬場が荒れだした開催6週目以降サラバクシンオー産駒が同じように圏内ゼロでした。ともにスピードの持続力で勝負するタイプですね。人気敗退馬は次開催での巻き返しも期待出来そうです。


<ダート>
1800mでは前週に続いて、父フォーティーナイナー(FN)系リファール(LP)系の激走が目立ちました。サンデーサイレンス(SS)系×ノーザンテーストも2頭激走していました。

別窓 | 新潟 | コメント:0 | トラックバック:0
200909281200
<<09年4回阪神血統データ(1-3週) | 血統適性blog | オールカマー・神戸新聞杯(09年)回顧>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。