スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
日経新春杯(10年)展望
【日経新春杯】の血統データから血統傾向を見ていきます。
父ネヴァーベンド(NB)が走る重賞』
『中山金杯との関連性~重厚な血統~』
サンライズマックス分析』

過去の日経新春杯の血統データ(10年分)
日経新春杯



父ネヴァーベンド(NB)が走る重賞』
日経新春杯で最も注目できるのは、ネヴァーベンド(NB)の血です。
父ではメジロランバダ・ファンドリリヴリア・テイエムプリキュアが、母父ではトップコマンダーが好走しています。
今年は3年連続でテイエムプリキュアが出走してきますが、さすがにここで本命にするのも気が引けます。

サンデーサイレンス(SS)系×ミスタープロスペクター(MP)系は、スウィフトカレント・トウカイワイルドと2頭激走があります。
今年はレッドアゲートが出走しますが、近走の成績からは狙いにくいものがあります。

今年は頭数も少ないのに加え、分かりやすい好走血統を持った馬も少ないです。
京成杯同様、過去の血統傾向から他に当重賞に向いた血統を類推していきたいと思います。



『中山金杯との関連性~重厚な血統~』
近年芝の中長距離重賞で、父ネヴァーベンド(NB)が走るのは珍しいことは、中山金杯でもふれました。日経新春杯はその数少ないレースの一つです。
そこで父ネヴァーベンド(NB)のリンクをもとに、日経新春杯と中山金杯の血統傾向を見返すと、似通ったものを感じます。

まず母父ビーマイゲスト(BG)系アドマイヤフジが両レースを制しています。
他にはブライアンズタイム(BT)系サドラーズウェルズ(SW)系なども、両レースでまずまずの成績を収めています。

もちろんコース形態が大きく違うので、一概には言えませんが、両レースともかなり重めの血統が走りやすいということは言えると思います。中山金杯で注目した、キレ味のない脚の遅いタイプのほうがいいレースです。



サンライズマックス分析』
今年のメンバーの中で、上記の血統傾向に近いのはサンライズマックスだと考えています。
当馬は母父のダンシングブレーヴが強く出た馬で、他のサンデーサイレンス(SS)系とキレ味勝負をすると分が悪い馬です。
今年の中山金杯でも2・3着したサンデーサイレンス(SS)系×リファール(LP)系です。
近走の毎日王冠・アルゼンチン共和国杯・鳴尾記念のように33秒台の上がりレースになると、勝負になりません。その点このレースは上がりが35秒台になることが多く、条件は間違いなく好転しそうです。
実績的にも重賞3勝は抜けており、それで1人気でないようなら狙い目も出てきます。
今回ベストの血統ではないですが、近走の比較ではよさそうです。

別窓 | 重賞展望 | コメント:0 | トラックバック:0
201001161600
<<日経新春杯◎サンライズマックス | 血統適性blog | 1月17日日曜血統分類色分け・競馬新聞風出馬表>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 血統適性blog |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

copyright © 2006 血統適性blog all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。